夏になると、腕の産毛が濃くて嫌なので必ず脱毛していました。今までは、剃刀で剃ったりもしましたが、返って産毛が濃くなったような気がするので、脱色ワックスや抜毛クリームなどを使用していました。抜毛クリームだと産毛も溶けて綺麗になるのでよく使っていましたね。
それでもこれが後に困難ケースになったのです。
ウェディングを外し、かねてからキャミソールジャンルのウエディングドレスにしたいとしていた自分は、希望通りの衣装を保持出来た。機会は夏季が大好きだったので、ミッドサマーのウェディングをあげようと昂り、「腕の産毛も取らなくちゃ」とウェディングの前日にいつもの抜毛クリームを使用しました。「いつもよりなんかヒリヒリする」あまりの痛さに早々にクリームを洗い流した。
翌朝腕を見てびっくり!火傷の帰路みたいに大きなカサブタが出来ている。今日はウェディングなのに朝からもう顔面蒼白でした。
一応オーガンジーのショールも購入していたので、髪の毛メークの人物に何とか腕を隠せるように着せてもらい、式は無事に済みましたが、キャミソール衣装をお披露目できなかったのはかなり驚がくでした。2次回会でお酒を飲んでやけになって火傷の腕をさらして招待客の含み笑いをとっていましたね。
とんだウェディングでした。

夏になると上腕、アクセス、ワキの体毛が気になって、シェイバーやワックス、脱色などをしていました。
上腕やアクセスは場所的に対処しやすいですが、ワキは思えにくく、対処しにくいのとアッという間に黒くプツプツ生じるので、とても気になっていました。
そんな時、1000円で何回でもワキの抜毛ができるという張り紙を見つけて、恐る恐るところに行き、初抜毛を開始しました。いろいろ取り次ぎわたるのがお断りなぁと思いましたが、軽い取り次ぎくらいでしつこいものはありませんでした。ただ、抜毛のテンポが決まっている結果、アッという間に毛がなくなるわけではありませんでした。発毛のテンポによっているようなのですが、最初のうちは毛量が減っている感じは全くなく、不安でした。何回も通っているうちに次第に少しずつ少なくなるのをもらい始めました。そうして1階層半くらい経った時分、ほとんど生えなくなり、現れるヘアも細いものになりました。本当に嬉しかったのを覚えています。ワキの抜毛が終わると上腕やアクセスの取り次ぎが以前よりも増すのではないかと心配になり、完全に生えなくなる前にお店に行くのをやめてしまいました。でもワキは今でも時時細いヘアが生じるくらいで、安心してある。
やはり上腕もアクセスも抜毛したいのですが、ワキの時はキャンペーンでお安かったのに対し、上腕やアクセスはお高く、また幅も広い結果、料金が心配でいまだに自己処理です。
本当はテカテカとして、好きなスタイルを楽しみたいのが本心です。もっとお手頃価格になったら、強要キレイになりたいです。